×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バストアップ 人工乳房の危険性

メイン

バストアップ情報局 > 人工乳房の危険性


人工乳房の危険性

一般的に人工乳房とは、病気で乳房を失ってしまった方が、乳房を再び手に入れるために使用されるものです。

しかし、完全に安全なものとは言えません。

体の中に人工乳房を入れると、それを異物と認識するので、カプセル拘縮を起こしやすくなります。

カプセル拘縮とは、カプセルが正常範囲を超えて厚くなってしまい、人工乳房が締め付けられている状態をいいます。

その人工乳房は、安全になってきたと近年いわれていますが、カプセル拘縮の可能性が低いだけで、100%大丈夫というわけではありません。

どんなに安全なバッグを挿入したとしても、カプセル拘縮が起きるかもしれないことを忘れないでください。

カプセル拘縮を起こしてしまったら、乳房が硬くなって不自然な形になります。

不自然な形になるだけならマシなのですが、痛みを伴うような場合は、再手術をしなければいけないことがあります。

このような場合は、再手術で人工乳房と一緒に硬縮してしまった部分を取り去るか、別のバッグと取り替えるか、という方法になります。





スポンサードリンク